Tel:0859-29-0211  Fax:0859-24-0006
〒683-0852 鳥取県米子市河崎235番地
育児休業に力を入れています。
一般事業主行動計画

平成27年度途中入社社員採用

 仕事の即戦力になるべく、サービス係と営業・電気工事係に各1名の新入社員が採用されました。

picture/shinnyuu_1.jpg サービス係 門脇 義幸君
プロフィール

大山町出身 26才
米子松蔭高校卒

コメント

早く技術を覚え
少しでも役にたてるようにがんばります。

     

高校新卒者が2名入社しました

弊社 大同警備保障の昨年に引き続き2名の高校新卒者が入社しました。

入社早々の3月22日にシャトーおだかにて1泊の研修会が実施されました。

社長より次のコメントをいただきました。

研修会でも伝えた「素直な心」を忘れずにプロの警備員として
成長し人から喜ばれる、安心される警備員になって欲しいと願います。

営業電気工事係 松原さんより新入社員へのコメント

今年も昨年に続き新卒者の2名の入社が決まり後輩が増える事に対し改めて 私も責任を感じました。
本人たちは、これから大変多くの事を学び体験していく事と思いますが一泊 研修会で御講演頂いた東京印刷 杉原社長のお話に有った。
社会人としての基本である@挨拶、A時間厳守、Bほうれんそう(報告、連絡、相談) まず、この3つから出来るよう頑張ってほしいです。
野波君、鶴原君これから同じ職場の仲間として共に成長して行きましょう。

写真は研修会の様子です。

picture/kennsyuu150323_1.jpg picture/kennsyuu150323_2.jpg

平成26年度、新資格取得者

今年もスキルアップの為に新資格取得に多くの社員が資格試験に合格しました。

新資格取得は以下の通りです。

資格名称人数資格名称人数
警備員指導教育責任者1号1名交通誘導警備検定2級5名
警備員指導教育責任者3号1名第二種電気工事士1名
施設警備検定2級2名雑踏警備検定2級2名
高所作業車10m以上2名消防設備士甲種4類1名

2015年新年拝賀式

2015年1月5日 米子市大篠津町の和田御崎神社において当社会長・社長以下20名が参加し    新年拝賀式を執り行いました。

/haigasiki4.jpg /haigasiki5.jpg
尚、写真撮影者は松原暁一です。(写真クリックで拡大表示されます)

お客様より感謝状をいただきました。

 当社の警備活動に対してお客様の「社会福祉法人まつぼっくり」様より、下記のような感謝状をいただきました。  感謝状ありがとうございます。

picture/kansyajyou.jpg

2014年新年拝賀式

2014年1月6日 米子市大篠津町の和田御崎神社において当社の新年拝賀式を執り行いました。

今年のスローガン「凡事徹底」を推進し、さらなる会社の発展と社員の明るく豊かな生活実現のために邁進してまいります。

picture/haigasiki1.jpg picture/haigasiki2.jpg

警察への防犯カメラ映像の提供について

鳥取県警察本部と大同警備保障を含む鳥取県内の警備会社6社は、防犯カメラ映像(写真)を提供することとなり平成25年12月11日に「申し合わせ書」に調印をしました。

この画像提供の目的は「被疑者の早期検挙、被害の拡大防止」であり、迅速な画像提供のため既存のメール110番へメールで送信することとなります。

しかしながら、プライバシーに配慮する必要があり、提供画像は警備会社が犯人が写っていると判断したものに限られ、かつ原則7日後に破棄されます。

大同警備保障は、被疑者の早期検挙のためにも迅速・正確に情報提供に努めていきます。

picture/tyouinnsiki1.jpg picture/tyouinnsiki2.jpg picture/tyouinnsiki3.jpg

舩田社長より安全衛生活動の徹底の指示

熱い日が続き、屋外活動などで熱中症の危険があります。 このため、安全衛生活動を徹底するよう舩田社長より指示がでました。

熱中症の対策として以下の内容を実施しています。熱中症に関するパンフレットの配布 塩飴・水の現場への配布および事務所への設置

参考までに「安全衛生活動」の一部を転載します。

 基本理念
 安全衛生活動は、企業経営の基盤です。社会に安全・安心を広げる会社
 として「安全はすべてに優先する」を基本に安全衛生活動を推進します。

 活動方針
 (1)災害ゼロを目指す。
 (2)安全衛生意識の向上を図る。
 (3)心と身体の健康確保を図る。

警備用車両にAEDを搭載しました

心臓突然死はいつでも誰でもどこにでも起こる可能性があります。

当社では、警備員教育の一環で年に2回 心臓マッサージ(胸骨圧迫)とAED(自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)の使い方などの「救急救命講習」を行っています。 picture/kyuukyuu.jpg

教育の成果を人命救助につなげるよう当社警備用車両4台にAEDを搭載することになりました。

万がいちの心室細動の時は、ホームセキュリティの非常ボタンをご活用ください。

picture/AED01.jpg picture/AED02.jpg

当社社員2名が応急手当指導員の資格を取得

応急手当指導員は、消防機関による救命講習を教授し取得する資格です。

この講習を受ける為に応急手当普及員の資格を事前に取得・2日間の講習を受け、 資格を取得する事ができました。

応急手当指導員になると、応急手当普及員の講師になることができる普通救命講習に加え、 上級救命講習や応急手当普及員講習の講師になることができます。

picture/shikaku01.jpg picture/shikaku02.jpg









市立保育園6園に防犯用のさすまたを寄贈

picture/sasumata2.jpg

2012年11月21日に米子市役所で贈呈式があり、大同警備保障 舩田社長がさすまた6本を寄贈しました。 その際のあいさつでは「刺股は、飾り物ではありません。不審者侵入時は未来ある子供を守る道具です。」との言葉を強調されていました。

大同警備保障創立25周年記念の一環として3年計画で米子市内の保育園にさすまたを贈る事業を行っています。 今年はその最終年となり、3年で合計18園への寄贈となりました。

平成24年度、新資格取得者

今年もスキルアップの為に新資格取得に多くの社員が挑戦しました。

新資格取得は以下の通りです。 (2012年8月16日現在)

資格名称人数資格名称人数
警備員指導教育責任者1号1名交通誘導警備検定2級2名
警備員指導教育責任者3号1名損害保険募集人2名
工事担任者(AI3種)1名 

平成23年度、新資格取得者

今年もスキルアップの為に新資格取得に多くの社員が挑戦しました。

新資格取得は以下の通りです。 (2011年11月末現在)

資格名称人数資格名称人数
警備員指導教育責任者1号1名消防設備士・甲種4類1名
交通誘導警備業務2級1名高所作業車運転特別教育3名
雑踏警備業務2級1名ホームヘルパー2級3名
第二種電気工事士1名 

市立保育園6園に防犯用のさすまたを寄贈

picture/sasumata.jpg

11月21日に米子市役所で贈呈式があり、大同警備保障 舩田社長が野坂康夫市長にさすまた6本を手渡しました。

以下は、建設工業新聞 平成23年11月25日の記事からの抜粋です。

市役所であった贈呈式では、舩田社長が「未来ある園児のために備えをしっかりしてほしい」と述べ、 さすまた6本を野坂康夫市長に手渡した。

この後、使用方の防犯教室が開かれ、保育園長17人が出席。同社で警備員を務める2人が「腰元で持ち、相手の胸元を狙って突く」 などとアドバイスした。

同社は創立25周年記念の一環で、昨年度から3年計画で市内の保育園にさすまたを贈る事業を始め、今年で12園目。 来年度も6園への寄贈を予定している。

当社嘱託講師の記事が掲載される。

警備業の全国紙「セキュリティタイム」では、嘱託講師の記事を掲載していますが、 今回、当社の盛政課長が取材を受け、熱意ある思いを語っています。

  • 「セキュリティタイム10月号」掲載内容

picture/kousi.jpg 「教え育てるプロ」となるためには

「学ぶ力」にこそ磨きをかけることが重要

鳥取県講師団は、女性1名を含む12名体制で、隣県との合同実施を含めた年5〜6回ほどの特別講習に取り組んでおり、 全員参加を基本としています。

現在、講師団の中には41歳の私が最年長であり、他県の講師団と比較してもかなり若い集団であるといえます。現状は、 経験の乏しさを若さでカバーしているというところでしょうか。

特別講習では、受講者に対して「警備員としてのプロの意識」を強く持ってもらうよう特に心掛けています。 警備員としてのプロの自覚・意識がなければ、適正な警備業務の実施は困難と考えるからです。そして当時に、 特別講習講師も、指導教育する者としてのプロの自覚がやはり必要不可欠であるといえます。

講師は「教えるプロ」であることが求められます。これは、英語にするとより分かりやすくなると思います。 すなわち、講師は「コーチングのプロ」「ティーチングのプロ」ということです。受講者に対して、どこをどのように改善すれば 弱点を克服できるのか、もっと実力を高めることができるのか、また、必要な知識をどのように教えれば理解・ 習得できるのか、それがコーチングでありティーチングです。つまりは、「受講者を育てる」ことが、 講師の仕事にほかならないのです。

講師には、そうした受講者を教え育てる力が必要となりますが、同時に、そのためには「学ぶ力」というものが 非常に大事になると私は考えています。学ぶ力があって初めて、講師は成長できると信じています。 今後とも自ら学ぶ力に磨きをかけながら、より多くのものを吸収し、講師としての力量をより向上させていきたいと思います。

平成22年度、新資格取得者

平成22年度もスキルアップの為に新資格取得に多くの社員が挑戦しました。 新資格取得は以下の通りです。

資格名称人数資格名称人数
セキュリティープランナー1名第1種消防設備点検資格1名
警備員指導教育責任者1号1名警備員指導教育責任者2号1名
施設警備業務1級1名施設警備業務2級1名
雑踏警備業務2級2名列車見張員3名
危険物取扱者乙種4類 3名

今年度も多くの社員が新資格を取得出来るよう がんばりたいと思います。

一般社団法人 鳥取県警備業協会会員