Tel:0859-29-0211  Fax:0859-24-0006
〒683-0852 鳥取県米子市河崎235番地
育児休業に力を入れています。
一般事業主行動計画

消防用設備等点検とは?

消防用設備等を設置することを義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設備を定期的に 点検し、その結果を消防署長(又は消防長)に報告する義務があります。

 <点検・報告をしなければならない人>
 所有者
 管理者(ビル管理会社等)
 占有者(テナント等)

〜 点検から報告まで 〜

1.点検種別

消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を実施します。

機器点検

消防用設備等の適正な配置、損傷等の有無その他主として外観から判別できる事項。 消防用設備等の機能について、外観から又は簡易な操作により判別できる事項。

総合点検

消防用設備等の全部もしくは一部を作動させ、又は、当該設備等を使用することにより、 総合的な機能を消防用設備等の点検基準に従い点検する事項。

2.点検期間

消防用設備等の種類等点検内容及び方法点検の期間
消火器及び簡易消火器具、消防期間へ通報する火災報知設備、誘導灯、誘導標識、消防用水、非常コンセント設備及び無線通信補助設備機器点検6月
機器点検6月
屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、泡消火設備、屋外消火栓設備、動力消防ポンプ設備、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、漏電火災警報器、非常警報器具及び設備、避難器具、排煙設備、連結散水施設、非常電源(配線の部分を除く)並びに操作盤総合点検1年
総合点検1年

3.改修・整備

  • 不良・故障個所があった場合は、すみやかに改修や整備をしなければなりません。
  • その際の改修や整備は、消防設備士でなければなりません。

4.点検済票(ラベル)の貼付

  • 法令に基づく適正な点検を行なった証として、点検済票(ラベル)を消防用設備等の定められた位置に貼付します。
  • 点検済票(ラベル)は、各都道府県消防設備協会に登録した点検実施者に交付されます。

5.点検結果報告書の作成

  • 点検した結果は、点検結果総括表、点検者一覧表及び点検票に点検者が記入します。
  • 報告書、点検結果総括表、点結果一覧表及び点検票の様式は、定められています。

6.報告の期間

消防用設備等

特定防火対象物は1年に1回

映画館、遊技場、キャバレー、飲食店、百貨店、旅館・ホテル、病院、地下街など、不特定多数の人が出入りする建物

非特定防火対象物は3年に1回

工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校、駐車場など

7.報告先

  • 総合点検のみ消防長又は消防署長(消防本部の無い市町村は市町村長)への報告が必要です。
  • 防火対象物関係者が、消防長又は消防署長へ直接又は郵送(消防長又は消防署長が適当と認める場合)により報告します。
picture/tenken-6.PNG
一般社団法人 鳥取県警備業協会会員